振込手数料の節約

振込手数料はもったいない

銀行の振込手数料は支払わなければならない仕方のないものと思っている人も少なくありません。
しかし、銀行から振込をする際、きちんと考えて行わなければ手数料が800円も取られてしまうこともあります。

振込自体は日常生活やビジネスの中で避けられないものです。
しかし工夫をすればその費用を大幅に軽減することもできるのです。

手元に形として残らない手数料にお金を払うのはもったいないことですしできれば避けたいものでもあります。
そこで、ここでは振込手数料を減らすためのコツを紹介していきます。

手数料の発生するルール

振込手数料は同じ銀行の同じ支店あて、同じ銀行の別の支店あて、他行あて、という順で高くなっていきます。
また、振込金額によっても手数料は変わるものです。
3万円をさかいに振込手数料は変わり、3万円をこえると振込手数料が高くなります。

また、振込の方法でも違ってきます。
インターネットバンキングの利用が最も安く、銀行ATMで現金での振り込み、銀行ATMでキャッシュカードでの振り込み、窓口での振り込みという順で高くなる仕組みです。

家賃や会費といった毎月定額の振り込みが必要と言う人も多いです。
そのような人は他行あての振り込みをすると手数料が高くなるので同じ銀行で通帳を作ったり他行あての振込手数料を無料にしてくれるところを利用することを検討しましょう。

インターネット専業の銀行を活用する

インターネット専業の銀行は店舗を構えていない分人件費や地代家賃がかかりません。
そのため手数料も最低限にすることができるため、手数料サービスをしているところが多いです。

ネット銀行間での振込手数料は無料となるサービスや、月に決められた回数までは他行あての振り込みが無料、預金残高によって他行あての振り込みが無料、といったサービスを設けているところがあります。
他にも無料のサービスが無かったとしてもほかの銀行に比べて手数料がリーズナブルというところも多いです。

条件付きで他行あての振込手数料を無料にしてくれるサービス

都市銀行の中にも他行あての振込手数料を無料にしてくれるところがあります。
インターネット専業の銀行は利用するのが不安という人や新たな口座開設が面倒という人は都市銀行のこのようなサービスを利用するのも一つの方法です。

無料となるサービスをしている都市銀行は複数あります。
そして無料となる条件も銀行によって様々です。

月末の銀行にある残高が50蔓延移譲であることや、住宅ローンを利用していること、投資信託や外貨預金を利用していることなどといったものがあります。
手数料が無料の回数も制限があるところと無制限のところとがありますから自分の利用頻度によって選ぶことも必要です。