食費

食費の節約

節約ということを考えた場合、まず最初に思い浮かぶのは食費を減らすということではないでしょうか。

 

特に一人暮らしされている方で節約を考えている方だとまず食費を減らすことを考えることが多い傾向にあります。

この記事ではできる限り食費を抑えたい、節約したいという方のためにその方法をご紹介しましょう。

 

業務用スーパーを活用

業務用スーパーは飲食店関係者しか利用できないということはなく、もちろん一般の方でも利用できますし、格安で食材を購入することができます。

 

仕入れや流通、販売を効率化することによってコストを大幅に削減できるため、リーズナブルな価格で十分な量が入った食材を販売しています。
こうしたスーパーを利用することによって食材購入にかかる費用を削減することができますので、自宅近くに業務用スーパーがないか探してみましょう。

 

注意点としては、業務用だけあって大量にパックされた商品が多いため、あまりにも内容量が多すぎると家族が大人数いる場合は良いですが、1人暮らしの場合ですと無駄になってしまうこともあるため、販売されている商品の中でもできるだけ小分けされて販売されている商品を選びましょう。

 

乾麺などは100円ショップで購入する

いろいろな商品が100円で購入できる100円ショップは節約には欠かせません。
現在では100円ショップの数も増えましたし、あらゆる商品をお得に購入することが可能です。

 

食品を扱っているところもたくさんありますから、節約したい方はさっそく100円ショップにも足を運んでみましょう。
パスタやうどんといった乾麺もありますし、調味料などもたくさん扱われていることが多いですから、食費を抑えるのに一役買ってくれます。
さすがに生鮮食品はありませんが、インスタント食品や乾麺、調味料などは豊富なためスーパーなどで購入するよりも遥かにお得になることがあります。

 

しかし、100円だからという理由でつい必要のないものまでたくさん購入してしまうことがありますから、あらかじめ何を購入するかを決めてから足を運ぶと良いかもしれませんね。
商品によってはスーパーやドラッグストアで購入した方が安い場合があるためその点も注意しておきましょう。

 

買い物下手な人は食事付きの物件に住む

安く食材を購入するための方法を紹介しましたが、中にはお得な食材を見分けるのが苦手という人もいるでしょう。

一人暮らしの平均の食費は約30,000円かかると言われていますが、自炊が面倒くさいと外食を増やすほど、更に食費は嵩みますし、実際に30,000万円を超えているという人は多いと思われます。

 

そこで食事付きのマンションに住むことで、朝や夕方のご飯を作ってもらい一部の食費を定額にして節約をするという方法があります。

 

食事付マンションの朝食例 🍞東洋大学の学生マンション《学生マンションドットコム》

 

こちらは東京都内にある東洋大学の食事付きの学生向けマンションの例ですが、朝・夕の食事を月24,000円で提供してもらうことができます。

 

栄養士が監修している栄養バランスの良い美味しい食事を提供してもらうことができ、特に自炊が苦手な東洋大学の男子学生に人気のようです。
食事付のマンションは学生だけでなく社会人専用の物件も紹介されているので、ぜひ不動産サイトを探してみてください。

 

食費を節約することができれば手元に残るお金も相当変わってくるのではないでしょうか。
食事は絶対に必要なものですし、それにかかる費用を削減できたらこれほど節約に効果的なことはありません。
ここでご紹介したこともぜひ今後試してくださいね。