先取り貯蓄を活用しよう

貯金をしたい

長引く不況の影響で私たちを取り巻くお金の環境は決して良いものではありません。
給与も昔よりももらえないですし、増額することも少なくなっています。
それどころか賃金カットやボーナス減額など毎月の支給額が減る可能性もあります。

終身雇用制が崩壊したので退職まで仕事を続けられる保証もないですし、会社がつぶれる危険性もあり、かなり厳しい状況です。
少しでも安定した生活をするためには毎月の貯金が重要になってきます。

しかし、現実には毎月の貯金が思うようにできている人はほとんどいません。
多くの人は日々の生活費で精いっぱいであったり稼いだらそれだけすぐ使ってしまったりすることがほとんどです。
そこで、ここでは貯金が苦手な人でも貯金がしやすくなる先取り貯金について紹介をしていきます。

先取り貯金とは

先取り貯金というのは余ったお金を貯金するのではなく収入があればその場で先に貯金をするというスタイルです。
余ったお金を貯金しようと思っても手元にお金が残ることはほとんどありません。
多くの人は手元にお金があれば使ってしまうものです。

そこで、先取り貯金をして手元にあるお金を少なくすることでお金を貯めやすくなります。
毎月のお給料が出てすぐに他の口座に移したり自宅で保管したりという作業は面倒ですから自動的に引き落として積み立てる仕組みを作るのがおすすめです。 

先取り貯金をうまく続けるコツ

先取り貯金をすれば絶対にお金が貯まるわけではありません。
上手に行わないと手元のお金が無くなって困ったり、結局先取り貯金に手を出してお金がたまらなかったりすることもあります。

挫折することなく先取り貯金で目標額を貯めていくためには計画が重要です。
無理なく貯蓄できる金額がどのくらいか、少しの無理が必要な場合にはどこを削って予算をねん出するのか、ということを考えたうえで取り組む必要があります。
やみくもに決めた金額を先取りしても手元にお金が残らず節約をするのはストレスフルになりますし、思うように続けられないと挫折する原因にもなります。

多くの人が目標額としてまとまった金額であるため100万円をかかげるものです。
しかし、なぜ100万円なのか、いつまでにためるのかということが明確にならないと毎月貯金に必要な金額もわからないですし貯金をするモチベーションも維持できません。

目標が明確になると毎月の先取り貯金の金額もはっきりしますし、多少節約が厳しい状況になっても頑張ろうと思えます。
少しずつ先取り貯金がたまってくればモチベーションも上がりさらに先取り額を増やすことや毎月の生活費を切り詰めて月末に手元にお金を余らせて先取り貯金に追加することもできるようになってきます。