生命保険を見直して節約

生命保険の見直しの重要性

生命保険は何かあった時のために多くの人が加入しているものです。
自分のためというよりも家族のために加入しているものですが、実際には加入している本人も受け取る家族も具体的な金額や補償内容というのは忘れていることは多くあります。

また、加入した時と生活環境が変わっていると必要な補償内容が変わっていることもあります。
受け取った時に補償内容が不足していたり、逆に必要以上のものを受け取ってしまうようなことになると支払って来た保険料が無駄になることも多いです。
そこで、定期的に補償内容を見直して適切なものに組み替えていきましょう。

補償内容の見直し

保険の補償内容は生活環境が変わるたびに適切か見直さなければなりません。
例えば結婚をして家族が増えたり子供が生まれたりすれば特に世帯主の補償内容はしっかりと考えることが必要です。
世帯主がいなくなった後子供たちが成人するまでの学費や生活費を捻出するためにはどのくらいのお金が必要でそのうちどのくらいを補償で賄うのか考えて補償内容を決める必要があります。

また、保険の補償はどれだけでもあって困らないということでたくさん保険金が受け取れるものを選びがちです。
しかし補償内容が充実すればそれだけ保険料は引き上がります。

月々の生活が苦しくなって支払えなくなるようでは保険料としては適切ではありません。
万が一支払えずに滞納が続けば解約することになり、払って来た保険料が無駄になります。
そこで、収入と支出のバランスを考えて保険を選ぶことが重要です。

特に家を購入した人はローンで購入しているものです。
もしもローンの返済中に死亡すれば団信によってローンは返済してもらえます。
ですから生活費から住居費を差し引くことができるので受け取る保険金も少なくなるのでそれも加味して補償内容を検討しましょう。

ネット保険を検討する

最近では様々な保険会社があり、価格競争が激化していて、様々な保険のプランが打ち出されており今までよりも安くて補償内容が手厚いものも増えています。
その中の一つがネット保険です。

ネット保険は名前の通りインターネットを通じて加入をしたり相談をしたりします。
そのために代理店の物件費用や人件費を抑えることができるために大幅にコストカットができるので、保険料もリーズナブルであり補償も手厚いものが多いです。

一般的に同じ内容の保険で対面の保険会社とネット保険とでは15パーセントほど価格に差があると言われています。
そこで、気になる人はすぐに保険を変えるのではなく、見積もりやプラン内容の検討から初めて見るのがオススメです。

また、自分だけの判断ですぐに決めるのではなく、家族や保険窓口など相談をして客観的な意見を聞いた上で決めることが重要です。
最近では無料相談窓口も増えているので悩んだらそういったものを活用して見ましょう。