映画館を利用する際の節約

映画館を積極的に利用しよう

最近では映画館で映画を楽しむ人が減っています。
家でのホームシアター機能が充実したこと、映画がテレビ公開やレンタルビデオになる期間が早まっていることなどが理由です。

また、大人が一度映画を見るのに支払う金額は1800円と意外に高いために敬遠する人が増えているという面もあります。
長引く不況から節約できるものはしようと考えられがちなのです。

しかし、映画館で観るからこそ楽しめるものもたくさんあります。
やはり映画館の大画面と音響技術とがあるからこそ最高の迫力を感じられるものです。

少しでも安くなる工夫をすれば今までよりも映画館を身近に感じられるようになるものです。
そこで、ここでは映画料金の節約方法を紹介していきます。

意外とたくさんある映画の割引サービス

映画代の節約といえばまずは何よりも通常料金で見ないようにすることです。
レディースデイは最も有名な割引方法として知らない人はいません。
このサービスを活用すれば映画料金が1000円になることがほとんどで半額近い金額で映画が見られるようになります。

もちろん男性でも割引を受けられる日があるので、まずは映画館の割引サービスを知ることから始めることが重要です。
男性が受けられるサービスとして、シニア割引、レイトショー、早朝サービスといったものがあります。

また、映画館によっては「毎週火曜日は誰でも1000円」や「毎月1日は誰でも1000円」というように特別な割引デーを設けていることもあります。
映画館によっては他にも色々なサービスを設けていますから、見に行く映画館のホームページを確認することが重要です。
同様に見たい映画によっては映画の配給会社が行なっている割引やクーポンもありますから合わせて確認して見ましょう。

クレジットカードやポイントカード、携帯電話会社のサービスを確認する

ショッピングモールによっては自社のポイントカードを持っている人に対しての割引サービウを行なっていることがあります。
これは映画料金の割引が行われていたり、ポイント還元率が高くなったり、映画鑑賞後の飲食サービスがあったり、駐車料金の割引であったりと様々です。
施設によってサービスが異なるので事前に確認しておきましょう。

また、ドコモの携帯電話を使用しているとドコモチューズデーを利用できます。
ドコモチューズデーというのは、どこも利用者であれば誰でも加入することができるドコモのdポイントクラブに加入しているとイオンシネマでは毎週火曜日に映画を1100円で見れるというシステムです。
これも対象となる人に条件があるので事前に自分が対象であるのかの確認しておきましょう。

同様のサービスは他の携帯会社でも行われています。
また、クレジットカードによっては映画割引サービスを行なっているところもありますから、自分が対象であるのかを確認してみるのがオススメです。