医療費の節約

実は医療費は節約できる

医療費というのはかかって仕方のないものであると諦めている人も多いものです。
しかし医療費というのは工夫をすれば節約ができます。

医療費の節約と聞くと、病院に行かないとか薬の用法用量を破って少しずつ飲むとかそのようなこと考えがちです。
しかし、実際にはそのようなことをせず正しく病院を利用して節約する方法がありますから身につけておきましょう。

かかりつけの病院を作る

かかりつけの病院があれば、今までの自分の病歴や処方歴がカルテに残っています。
そのため、必要最低限の説明でわかってもらえることも多いですし、誤審やミスを防ぐことができます。

また、このかかりつけ医を見つけておくことは医療費の節約にも効果的です。
まず、複数の病院に行くことになればその度に初診料が発生しますし検査費用も発生します。
薬の相性がわからずに合わない薬を処方されて治るまで長引いたり、様々な薬を処方されてしまうこともあり、医療トラブルが起きる可能性もないとはいえません。

国民健康保険に加入していれば医療費は三割負担であるために、一回の診察料というのはあまり高額になることはありません。
しかし、塵も積もれば山となるであり、この少しの努力でも意外と大きな金額の節約につながります。
そしてかかりつけ医を見つけることは自分の健康のためにも重要なことを理解しておくことが重要です。

診察時間やかかる病院の種類を考える

診察時間によって支払う医療費は変わります。
診療時間外に診察を受けることになれば時間外加算が行われますし、同様に休日に診療を受けると休日加算が加わるのです。

これを予防するためには日曜の診察を控えたり、急患で病院に行くことを避けたりすることしかありません。
そのためには調子が悪くなりそうと思えば早めに病院に行くことで対策を取ることが必要です。

もう一つ、診察を受ける病院んいよって医療費は変わります。
例えば病床が200床以上あるような大病院では特定療養費が必要となることがあるのです。

また、診察にあったって紹介状が必要となればそのため3000円から5000円で診断書を作成してもらう必要があります。
町医者で済む病気は大病院に行かず治療をするべきですし、紹介状をもらって検査をしなければならないような大きな病気にかからないようこまめに病院にかかることも重要です。

ジェネリック医薬品の活用

薬を処方してもらう場合には積極的にジェネリック医薬品を活用することで節約ができます。
ジェネリック医薬品んというのは別に試験薬であるために安いわけではありません。
特許期間が終了して他の製薬会社も製造や販売ができるようになったことによってリーズナブルに入手できるものになったものです。

自分からジェネリック医薬品んを使いたいというのは少しはず開始と思う人も多いものです。
しかし、最近ではお薬手帳に記載欄があったり病院のアンケートでジェネリック医薬品んお仕様の希望を聞いてくれたりするので答えやすくなっています。