飲料

飲み物の節約

暑い時期になると外で飲み物を飲むことも多くなりますし、外出するときに飲み物を持ち歩くという方も増えてきます。
冬場はそれほどではなくても、夏場になるとどうしても喉が渇きますし飲み物代もバカになりませんよね。
毎日のことですからそれが積み重なれば相当な出費となってしまうのは自明の理ですから、少しでも飲み物代を節約できるよう工夫してみましょう。

安い飲み物を選ぶ

当たり前のことかもしれませんが、できるだけ安い飲み物をチョイスするということも大切です。
コンビニや自動販売機で購入するとどうしても高くなりがちですが、スーパーや業務用食品を扱っているお店だともっと安く購入できることが多いです。

また、100円ショップなどでもペットボトルのドリンクが安く販売されていますし、同ブランドの同じ商品が安く売られていることは珍しくありません。
一日や二日のことならよいですが、毎日飲み物を外で購入するとなるとたった20~30円程度の価格の違いでも次第に大きな差となってきます。
少しでも節約したいと考えているのならなるべく安く飲み物を販売しているところで購入することを心がけましょう。

自分でお茶を作る

お茶を作ると言っても一から茶葉を育てるということではありません。
最近では簡単に外で飲み物が買えるようになりましたし、ペットボトル入りのお茶もさまざまなブランド商品が存在します。

そのため、自宅でお茶を作って飲むということも少なくなっているのではないでしょうか。
また、食事時には自宅で作ったお茶を飲むのに外に出かけたらどうしても条件反射で自販機などを利用してお茶を購入してしまうという方も多いでしょう。

外でお茶を購入することをやめ、自宅で作ったお茶を冷蔵庫で冷やして持ち歩けばそれだけで飲み物代の節約になるでしょう。
ペットボトルに入れて冷凍しておけば比較的冷たい状態で長持ちさせることができますし、もしくは水筒を利用すればいつでも冷たいお茶を飲むことができます。
節約のために自宅で作ったお茶を持ち歩いてみてはいかがでしょうか。

日本は世界でもまれにみる自販機が多い国ですし、わずかな距離に自販機やコンビニがたくさん並んでいます。
いつでも手軽に飲み物が購入できる環境というのは確かに素晴らしいですが、それゆえに節約がしづらくなっているというのも事実でしょう。
飲み物代を節約するだけでも手元に残るお金は変わってきますから、ぜひここでご紹介した方法も検討してみてください。