暖房

暖房の節約

冬になると寒いですから自然と暖房のお世話になりますよね。
現在では冷房と暖房がどちらも使えるタイプのエアコンが主流となっていますし、いつでもリモコンのボタン一つで部屋を暖めることができるのはメリットです。

そんなエアコンの暖房ですが、電気代を非常に多く消費する家電としても有名です。
冬場になるたびに電気代が跳ね上がってしまうという方は多いかもしれませんが、そのほとんどがエアコンの暖房によるものと考えてほぼ間違いないでしょう。

ストーブとエアコン

電気代を節約しようと考えるのなら暖房を何とかすることがもっとも急務です。
また、エアコンを使わずにストーブにすれば電気代を節約することができるのでは、と考える方も多いですが、ストーブにしても石油というエネルギーを使っている以上コストはかかります。

電気代を節約することができても灯油代がかかってしまっては意味がありませんよね。
また、人によって暖房の使い方や時間は異なりますし、利用している機器の性能も大きく違ってきます。
そのため、エアコンとストーブどちらが節約に向いているかというのは一概に断言することができません。

ネットで調べると暖房器具のコストを比較しているサイトなども見つけることができますが、そこに記されているデータや情報をすべて鵜呑みにしてしまうというのは少々危険です。
利用している環境も異なりますし、どのような使い方をしているかも分かりません。

万人向けの答えはありませんから、まずは自身が利用している暖房機器とライフスタイルなどをチェックしてみることが大切でしょう。
ライフスタイルと暖房機器の状況をきちんと把握することができてこそ節電への第一歩を踏み出すことが可能となります。

暖房費を節約するために

暖房費を節約するために一番良いのは暖房を使わないことです。
エアコンを使用すれば当然電気代はかかってしまいますし、使えば使うだけ電気代は嵩んでしまうでしょう。
そのため、暖房費をとにかく節約したいというのなら使わないに限ります。

しかし、これでは元も子もありませんよね。
寒い時期にはどうしてもエアコンを使いたくなるものですし、暖房をつけないと寒くて部屋で過ごせないという方もいるでしょう。

しかし、エアコンをつけないと寒いと言っている方の多くは部屋の中で薄着で過ごしている方が多いです。
少しでもエアコンをつけなくてもすむように部屋の中でもできるだけ温かい格好をするようにしましょう。
こちらも参考になりますよ。
>>冬の部屋着ってどうしてますか?|Yahoo!知恵袋

一工夫してみる

扇風機やサーキュレーターなどを利用することでエアコンを必要最低限の使用で済ませることもできます。
サーキュレーターなどを利用して温かい空気を部屋の中で循環させてあげればエアコンの使用時間を少なくすることができますよね。

また、昔ながらの方法だと湯たんぽを利用する手もあります。
今はいろいろな湯たんぽが販売されていますし、オシャレなデザインのアイテムもあります。
夜寝るときなどは湯たんぽがあるだけで相当温かいですから、まだ使ったことのない方は一度利用してみてはいかがでしょうか。