牛乳パックを有効利用する

牛乳パックは万能アイテム

牛乳パックやジュースの紙パックは節約にとても便利なアイテムです。
どの家庭でも毎日のように牛乳を飲みますし、子供のいる家庭であれば毎日のように紙パックのジュースも消費します。

これらのパック飲料のケースというのはとても万能です。
水に強い素材であることで工作にも便利ですし様々な場所で使えます。

強度も高いので工作で様々なものを作ることができます。
そこで、ここでは牛乳パックを用いて作れるものと節約の方法を紹介していきます。

是非とも活用したい使い捨てまな板

牛乳パックを資源回収に出す際には広げて水洗いを売るものです。
この状態でしっかりと乾かせばまな板にすることができます。

防水加工がされているパックの内側を利用すれば水ものを切っても破れることがありません。
特に生魚をさばく際や匂いうつりのしやすいものを切る際にはこの牛乳パックまな板が便利です。
日頃使うまな板に匂い移りや汚れがつくことなく食材を切ることができま寿司、洗うことなく使った牛乳パックまな板は捨てられます。

ただし衛生面での注意が必要です。
牛乳パックはしっかりと洗っておくこと、牛乳パックはしっかりと乾燥をさせておくことが切った食材がいたまないために大事なポイントになります。

様々なキッチンアイテムに代用

牛乳パックは様々なキッチンアイテムに代用することができます。
例えば、三角コーナーの代わりにおいておきゴミを入れることで使い捨て三角コーナーにすることができるのです。

使い捨てることで匂いやカビ、掃除の心配もないですし、三角コーナーの袋代の節約にもなります。
この一工夫ででも家事が楽になるので是非取り入れたい方法です。

揚げ物の油切りにも役立ちます。
キッチンペーパーやバットの油受けの代わりに牛乳パックを使うのです。

防水加工のおかげで油は吸収しますが外に漏らすことはありません。
この時、そのまま使用せずに片面だけビニールコーティングを簡単にでもはがしておく方が牛乳パックの吸引力が上がり油を吸収やすくなります。

他にもケーキやお寿司の型としても使えます。
オーブンや電子レンジでも牛乳パックは使うことができるのです。

特にパウンドケーキの型は使い捨てのものも本格的な型もそこそこお金がかかります。
牛乳パックであれば必要なサイズに合わせてホチキス留めして作れるので簡単にサイズ調整ができて、なおかつ使い終わったらそのまま捨てられるので洗い物も減らせるのです。

牛乳パックの印刷が溶けてしまうこともありますから念のためにアルミホイルを敷いてオーブンにかける方が安全です。
ただ、170度くらいであれば問題なく利用できると言われています。

意外と便利なのがホワイトボードがわりになることです。
キッチンでメモがわりに使えて意外と役に立ってくれます。

水性ペンであればウェットティッシュで書いた文字が消せて何度か使うこともできます。
そのためキッチンで使用するだけでなく、子供の落書きに活用するのもオススメです。